ORANGE HOUSE RENOVATION

静岡・吉祥寺の住宅デザイン、リノベーションはオレンジハウス

  1. ホーム
  2. お客様の声一覧
  3. 趣味を暮らしに「ガレージライフ」
車が好き・ずっと愛車を眺めていたい私は、雑誌『ガレージライフ』に出てくるようなガレージのついた家が憧れでした。自宅をリフォームしようと考えた時にはすぐそれが出てきましたね。某ハウスメーカーさんに相談に行ったところ、「建て替えた方が・・・」と勧められました。

細かなところまでこだわりました

重量鉄骨がもったいないというのと、建て替えると狭くなってしまうし、費用の面でも・・・とやはりリフォームしたい!ということで、近所にあるオレンジハウスに相談に行ってみました。

『住まい博』に行ったときに入口にドーンとあった「シャルドネ」のキッチンに一目ぼれ。もうこれだな~って思っちゃんたんです。ダメモトでオレンジさんに相談してみたら、「いいですよ」って返事をいただいて。あのときは本当に嬉しかったです。

私がリフォーム前の家を基に間取りを考えていき、建築の専門知識はオレンジさん。お互いにアイデアを出しながら何度も何度も図面を書いて頂きました。まさに『あーでもないこーでもない』って。

窓の高さなどの細かいところまで、完成した家を想像しながら考えました。前の家の間取りは台所がとっても暗かったのが気になっていたので、壁の一部をガラスブロックにしたり・・・工夫も沢山しましたね。鉄骨だから自由に変えられるのが幸いでした。 。

年数を重ねるほど大切に思える家

リフォームして今年は5年目を迎えます。リフォーム直後はアイボリーに近いほどの明るい色だった無垢の床や建具も、経年変化できれいな飴色になってきました。一緒に住む母にも安全なIHコンロは掃除もしやすく、とてもきれいに使えています。お風呂もピッとすれば保温も自動。使い勝手が格段に良くなったので、妻も家事が少し楽になったのでは?と思います。

以前は雨漏りも少ししていたので、住み心地もずいぶん変わりましたね。収納量が少し少ないかも・・・と思いましたが、工夫することで部屋の中はすっきりとすることも気づきました。リフォームした時は高校受験を控えていた息子も今では19歳。大人になったなあと感じるところも出てきました。

夢だったガレージルームは今では『ガレージバー』になっています。休みの日はのんびりとここでお酒を飲むのが最高のひとときですね。好きなものに囲まれて過ごすってとても贅沢な時間です。

当初は、ガレージの中に扉をつけて寒さや暑さ対策のスペースで過ごしていましたが、妻がエステサロンを開くことになり、今はそのスペースになっています。サロンにはちょうどいい広さみたいです。私のスペースではなくなってしまったので、寒い季節はダウンを着てガレージバーにいます(笑)。

リフォームして4年。家は時間とともに変化していくものなんだなというのを感じています。
そして、細かな部分まで私達の夢をかなえていただき、本当にありがとうございました!